加藤浩次 高梨沙羅の土下座に大慌て「やめて、国民を敵に回すことになる」

写真拡大

17日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次が、女子スキージャンプ選手の高梨沙羅に土下座されて大慌てする一幕があった。

番組では、「W杯女王 高梨沙羅選手生出演SP 」と題し、2015-16のシーズンでW杯総合優勝を果たした高梨がゲスト出演した。VTRでは、安定したジャンプで自己新記録の10連勝を記録したことが伝えられ、その秘密として彼女が体幹を鍛えていたことが紹介された。

そこで、高梨の体幹がどれくらい強いのかを紹介するため、加藤と手押し相撲で対決することに。手押し相撲は体幹の強さが勝負の分かれ目になるとのことだ。

行司の上重聡アナウンサーが「はっけよいのこった」と声をかけると、加藤が高梨の最初の一手を交わすと素早く押して呆気なく勝ってしまった。高梨は信じられない様子で口を押さえ、上重アナも「加藤さん、勝っちゃいけない場面です!」と声をあげた。

加藤は意に介さない様子でガッツーポーズし、「油断したでしょ?」と高梨にコメントした。高梨は上重アナに促される形で「もう1回」と泣きの1回を要求する。

しかし加藤は、一度は再戦を承諾するものの「普通、人に頼むときって土下座というのがあるんだけどね」とつぶやき、暗に土下座を示唆した。

すると、高梨はすぐさま土下座して頼みこみ、これには加藤が慌てて「冗談!冗談よ!やめて、国民を敵に回すことになるから!」と訴え、再戦を受けてたったのだった。

しかし、再戦でも加藤が勝利してしまう。さすがにスタジオも騒然となり、上重アナは「2回(勝つの)はまずいですよ!2回は!」と訴えていたのだった。

高梨は「いやあ、加藤さん強かったです」とこぼすと、加藤も「またやりにきて。体幹トレーニングもっと積んでやりにきて」といい、「上から目線」だとツッコまれてスタジオは笑いに包まれていた。

【関連記事】
加藤浩次が中学校長の「出産義務化」発言を容認「悪くはないと思う」
加藤浩次 女子マラソンの代表選考方法に提言「一本化すべき」
加藤浩次 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー監督賞逃して嘆き