16日、韓国政府がこのほど発表した北朝鮮に対する独自制裁案について、北朝鮮が「決してわれわれを変えることはできず、『牛の笑いで荷がはじけるようなやり方』」と非難した。写真は北朝鮮。

写真拡大

2016年3月16日、韓国・ニュース1によると、韓国政府がこのほど発表した北朝鮮に対する独自制裁案について、北朝鮮が「決してわれわれを変えることはできず、『牛の笑いで荷がはじけるようなやり方』」と非難した。

【その他の写真】

北朝鮮の韓国向けメディア「わが民族同士」は同日、「米国や国連による制裁決議につられ調子に乗っている朴槿恵(パク・クネ)一味の対決姿勢は狂気の沙汰で、笑いを禁じ得ない」などと掲載、韓国政府が北朝鮮の大量破壊兵器開発を防ぐためとして定めた独自制裁案について、「田を耕す牛も笑って荷がはじけるほど」おかしなことだと冷笑した。

また、朴大統領について「米国の股ぐらにくっついてなんとか延命してきた朴槿恵ごときが、わが共和国をどうにかしてやろうなどと大ぼらを吹いている」と激しい言葉で非難し、「かいらいどもも、自分たちがわれわれに対し政治・軍事的に完全に劣勢であり、何をもってしても北の変化を導くことはできないことを知らないはずはない」と主張した。

これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「あちらではいまだに牛に荷物を積んで運んでるんだね。韓国が発表するとすれば、『運転手が笑ってトランクも開くほど』という感じかな」
「サバでも引っ張って歩いてるってことか…」
「悪口の表現が実に文化的だ」

「まあ汚い言葉をよくもこれだけ使えるね。不思議なくらいだ」
「意味がよく分からないけど、悪口は板に付いてるなあ。核ミサイルより悪口を先に開発したみたい」
「北朝鮮が韓国や米国を打ちのめすと騒いでるのよりは笑えないはず」
「言ってることが中学生レベル」

「あまりに悪意に満ち満ちている。同じ民族として恥ずかしい」
「北朝鮮がこういう発表をするたび、どうしてこんなに笑えるんだろう。単語の選び方が絶妙だね」
「発言には国の品格が表れると言うけど、ここまで来ると、国と呼ぶには恥ずかしいチンピラ集団だね」(翻訳・編集/吉金)