「ロマンスがありあまる(初回限定ゲスなトランプ盤)」(ワーナーミュージック・ジャパン)

写真拡大

「ネットとかでみんな謝れって言うけど、世間の誰に謝ればいいの? 正直内輪での話だから、みんな関係ないじゃん」
「写真使うなら、もっといいヤツ使ってほしいですよね。『ミヤネ屋』とかさ」
「テレビとか見てたら『曲使うなよ』って思うことが皆さんもあると思いますけど」

 ベッキーを休業に追い込んだ不倫騒動に対し、挑発的な発言を続けるゲスの極み乙女。の川谷絵音について、ある音楽ライターが「過去のインタビューテープには、こんなもんじゃない暴言がたくさんある」と話している。

 このライターは過去4度、川谷にインタビュー取材をしており、「最初の頃は、ほかのバンドの悪口もあった」という。

「もちろん、そういう暴言は誌面に載せなかったですけど、川谷はUKロックかぶれで、当時はそういう発言をかっこいいと思い込んでいるフシがありました。各レコード会社が広告主である以上、音楽雑誌だとそういうのは絶対に載せないので、平気で言いっ放しになっていましたが、中にはアーティストに対するものだけでなく、特定の業界人や芸人に対してのものもありました」(同)

 ライターによると、他バンドの悪口のみならず、「音楽なんてたまたまやっているだけで、お笑い芸人でもよかったし、音楽に入れ込んでいない」と斜に構えてみたり、「ファンを大切にするとかいう人が多いけど、僕は媚びない」という突っ張った感じの発言が多かったという。

「だから不倫後の発言は、この程度なら軽いって思いましたね」(同)

 川谷がかぶれているというUKロックは、確かに暴言の多い世界だ。元オアシスのノエル・ギャラガーは「人の神経を逆なでするのが好き」と公言し、「バンドやってるやつはアホばっか」「スーパーマーケットのレジが混んでるときは万引する」と言い、ほかのバンドに対して「エイズで死ねばいいのに」と発言したこともある。

「川谷はレディオヘッド、ホワイト・ストライプス、アークティック・モンキーズの熱狂的ファンで、『ロックなんてゴミ音楽』と言ったレディオヘッドのトム・ヨークはじめ、川谷が夢中になったバンドは、いずれもメンバーの暴言で批判を浴びたものばかり。川谷の場合、先輩バンドの親しいボーカリストYさんとか、彼をたきつけるような人がいて、その人に『内輪の話で謝る必要ないよ』って言われたら、まんまそれを叫んじゃうところもある」(別のライター)

 同じようにUKロック好きのSEKAI NO OWARIのFukase(深瀬慧)も以前「今どきまだギター使ってんの?」と言って炎上したことがあったが「あれも深瀬が好きなUKロックの影響でしょう。でも、彼の場合はそれを悟られたくなくて『UKロックを真似してたら生き残れない』なんて言ってました。それこそバリバリUKロックを意識していた証拠ですけどね(笑)」(同)。

 イギリス人はゴシップ大好き民族とあって、同国のアーティストの暴言も一種の宣伝になっているところがあるが、日本でも最近はタレントが意図せずとも炎上商法になっているケースはよくある。ただ、音楽関係者からは「『曲をテレビで使うな』って発言は不快に思う者もいるはず」という声も出ている。レコード会社の営業担当の女性が言う。

「曲を番組で使ってもらうために、私たちレコード会社の人間が、日ごろどれだけテレビマンに頭下げたりしているか、アーティスト本人はわかってないことがあります。嫌みな情報番組のプロデューサーの元には毎日のように営業に行くんですけど、少しでも目を引くために、基本、若い女性が担当します。それでもプロデューサーの好みに合わないと冷たく当たられ、泣いて帰ってくる子もいますよ。日本の音楽界はしがらみだらけですから、テレビや音楽の関係者に嫌悪されたら、最終的に損をするのはバンド側だと思います。ステージから見えるファンだけがサポーターだと思っているなら、長く続かないです」

 発言が幼稚だと散々の川谷だが、ネット上の批判より怖いのは、業界が彼を敬遠していくことかもしれない。
(文=片岡亮)