画像

写真拡大 (全2枚)

 ブレインパッドとビズロボジャパンは、データ収集・加工を自動化する「ECオートメーション」を共同開発した。これにより、MAの導入・運用がさらに容易になる。

 ブレインパッドとビズロボジャパンは、データ収集・加工を自動化する「ECオートメーション」を新たに共同開発した。これにより、ECサイトからマーケティングオートメーション(以下、MA)の運用に必要なデータを取得し、アップロードする一連の作業が自動化でき、MAの導入・運用がさらに容易になる。

 同ソリューションは、SaaS型マーケティングオートメーションプラットフォーム「Probance One(プロバンス・ワン)」と、人が行う業務の自動化・効率化を実現するロボットオートメーションサービス「ブレインロボ」を組み合わせたもの。

 MAを導入すためには、企業の保有する各種データをMAに適合する形に加工し、連携させる必要がある。そのシステム連携の開発にかかる費用と時間がこれまで障壁になってきた。この課題を解決するため「ECオートメーション」を共同開発するに至った。

MarkeZine編集部[著]