話題のスーパーフードが次から次に表れる中、ネクストアサイーとして特に話題沸騰中なのが「マキベリー」です。「スーパーフルーツの王様」と呼ばれてアンチエイジング&美肌が高いうえに、味にクセがないのでいろいろな食べものと組み合わせがきくのも魅力。飽きずにダイエットに使えるのが女子に大人気です!

マキベリーってどんなフルーツなの?

チリ南部のパタゴニア地方で育つマキという名前の植物の果実です。ブルーベリーに似ていて、丸く黒い果実を冬の寒さの厳しい時期だけにつけます。古くから下痢止め、抗炎症剤、解熱剤などに使われるほか、健康維持のために食品に用いられた時期もあります。

マキベリーから摂れる美容成分がすごい

ネクストアサイーと呼ばれますが、ポリフェノールはアサイーの5倍と豊富。エルダーベリーをしのいでポリフェノール(アントシアニン)含有量はフルーツの中で一番多くなっています。このポリフェノールは、ブルーベリーにも含まれる色素成分のアントシアニンです。この成分の多くはフィニジンで、摂った人は非常に高い知能検査結果を持ちます。老化の原因となる活性酸素が増えるのを抑えて、アンチエイジング効果をもたらし、肌のシミ、しわ、たるみなどにもはたらきかけます。抗炎症作用により、風邪の発熱やのどの痛みなどにも作用。そのほかビタミンA、ビタミンC、ミネラル、必須脂肪酸、食物繊維を多く含みます。

くせがないので美味しく食べられる!

マキベリーは生のままで販売されているところがまだ少ないので、マキベリーパウダーとして販売されているのを入手しましょう。甘酸っぱくクセがないので他の食べものとの組み合わせもよく合います。ジュース、ミルク、スムージー、ヨーグルトなどに混ぜたり、お菓子に混ぜて焼いたり、朝食用にグラノーラや季節のフルーツにかけたりして食べてみてはいかがでしょうか?


writer:松尾真佐代