16日、韓国の上位10%の所得が全体の所得に占める割合が45%にまで増え、アジアの国の中で最も高いことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国ウォン。

写真拡大

2016年3月16日、韓国・YTNによると、韓国の上位10%の所得が全体の所得に占める割合が45%にまで増え、アジアの国の中で最も高いことが分かった。

16日、国際通貨基金(IMF)の報告書「アジアの不平等分析」によると、上位10%の所得占有率が最も高い国(2013年基準)は韓国(45%)で、2位以下にはシンガポール(42%)、日本(41%)、ニュージーランド(32%)、オーストラリア(31%)、マレーシア(22%)が続いた。

韓国は1995年の29%から18年間で16%も上昇した。アジア全体の平均が1〜2%の増加にとどまっていることと比べると、韓国の上昇幅は圧倒的に大きい。

報告書は「上位階層の所得占有率が増えると、国内総生産の増加率が中期的に減少するが、所得下位階層の占有率が増えると高成長を呼ぶ」と明らかにした。

一方、韓国の所得分配の不平等さを表すジニ係数は、アジアの他の国に比べて低かった。韓国のジニ係数は1990年の32から2013年には31にやや減少した。同じ期間で中国は33から53に、インドは45から51に、日本は27から31に上昇した。アジアの国々の所得の不平等は深刻だが、高速成長に支えられ、1日の所得が1.25ドル以下の「貧困層」の割合は1990年から2010年までに55%から21%に急減した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「それなのに韓国政府は財閥の味方」
「これが韓国の現実。李明博(イ・ミョンバク)前大統領と朴槿恵(パク・クネ)大統領に任せた韓国の7年間を返してほしい」

「アジアで1番?そこまで深刻だとは思わなかった」
「われわれの選んだ政治勢力が作り出した法によりこの結果が生まれたのだから、不満を言ってはいけない」

「はあ…。豊かな国ではなく、良心があり、市民意識の高い国に生まれたかった」
「韓国人の人生は生まれた時点ですでに決まっている。お金持ちの家に生まれれば楽して幸せになれるが、平凡な家に生まれてしまったら、どんなに頑張っても幸せになれない」

「本当に45%?実際はもっと高い割合を占めているだろう」
「金が金を産み、欲が果てしない欲を産んだ結果。不平等の解決は国民の意識を変えることから」(翻訳・編集/堂本)