15日、日本政府は次期中国大使に横井裕トルコ大使を起用する見通しとなった。

写真拡大

2016年3月15日、新華社によると、日本政府は次期中国大使に横井裕トルコ大使を起用する見通しとなった。

横井氏は外務省の「チャイナスクール」と呼ばれる中国語研修組。専門家らは「大使に『知華派』を起用することで、日本政府は中国問題の分析能力、中国人脈を広げ、日中間の交流拡大を図りたい考えだ」と分析している。

横井氏は61歳。東京大学教養学部を卒業後、外務省に入省。中国課長、マレーシア公使、上海総領事、中国公使などを歴任。13年8月からトルコ大使を務めていた。日本メディアによると、早ければ5月にも赴任する見通し。10年以来5年ぶりの「知華派」大使となる。(翻訳・編集/大宮)