ヤマハ発動機は国内向けスノーモビルの2017年モデル「VK540V」など3機種を、2016年3月2日から予約を受付け、2016年11月1日に新発売する、と発表しました。

1

「VK540V」は、レジャーだけでなく業務にも使用できるヤマハの中核モデルです。最新の2017年モデルでは、エンジンや外観を総合的に見直し、業務用途を支える走行・実用性能に磨きを掛けています。

2017年モデルの主な特徴は、

1.低燃費化と排ガス浄化性の向上を図った2ストロークエンジン
2.航続距離を延ばす44Lの大容量燃料タンク
3.風や雪の巻き込み・浸入を低減するボディカウルとウインドスクリーン
4.快適性が向上するフラットタイプのシート

です。

ヤマハによると、スノーモビルの国内市場は年間約600〜800台の販売台数で推移しており、降雪地での移動・運搬、スキー場や営林署・電力会社等でのパトロールなどの目的で使われているということです。なお、同社は国内唯一のスノーモビル完成車メーカーです。

(山内 博・画像:ヤマハ発動機)

ヤマハ、国内向けスノーモビル2017年モデル「VK540V」を発表(http://clicccar.com/2016/03/17/360630/)