画像

写真拡大

 インスタグラムは3月15日(米国時間)、新しいフィードの運用を試験的に開始した。新フィードでは投稿者との関係性や投稿のタイミング、利用者の関心度が高いと思われるコンテンツの内容などに基づき、表示の順序が決定される。

 インスタグラムは3月15日(米国時間)、従来の時系列順から、利用者の関心度が高いコンテンツから順に表示するフィードの運用を試験的に開始した。

 同社によれば、現在利用者のほとんどがフィード上の70%のコンテンツを見逃している。その理由としては、インスタグラムのコミュニティの急激な成長がある。コンテンツ量も増加し、すべての写真や動画を閲覧することが難しくなった。その結果、利用者が関心のある投稿を見過ごしている可能性もあるため、今回新たなフィードの運用を始めるに至った。

 新しいフィードでは、表示の順序を投稿者との関係性や投稿のタイミング、関心度が高いと思われるコンテンツの内容などに基づいて決定する。また、コンテンツは整理・最適化されるが、関心の低い投稿は削除されるわけではない。そのため、利用者は従来通り投稿されたすべてのコンテンツを見ることができる。

 同社では、今後も新フィードの試験的な運用を続け、ユーザーの反応を見ながら機能改善を続け、数カ月以内に順次利用可能にしていく予定。

MarkeZine編集部[著]