15日、中国ではスタイルの良さを証明するポーズの「ベリーボタンチャレンジ」や「鎖骨コイン」などが話題となったが、今度は「A4腰」がはやりつつある。

写真拡大

2016年3月15日、台湾の中央通訊社によると、中国ではスタイルの良さを証明するポーズの「ベリーボタンチャレンジ(片手を背中から回しておへそを触る)」や「鎖骨コイン(鎖骨の上にコインを置く)」などが話題となったが、今度は「A4腰」がはやりつつある。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

「A4腰」とはA4サイズのコピー用紙を当ててもウエストが見えない状態を指し、それだけ腰が細く、スタイルが良いことを意味する。縦向きにしたA4サイズの紙は幅わずか21センチ。コピー用紙を腰に当てた写真がネット上に次々と掲載されている。

中国のネット上では、「次は何が来るのだろう」「横向きはだめ?」などのコメントのほか、「美の基準がおかしい」「そのうち死にそう」「もう飢え死にするしかない」など否定的な意見も多く書き込まれている。(翻訳・編集/岡田)