15日、北朝鮮の「ナンバー2」と言われた崔竜海朝鮮労働党書記が昨年、公の場から一時姿を消した理由について、「息子の韓国ドラマ視聴が発覚したため」との主張が韓国の専門家から出ている。写真はドラマ「冬のソナタ」ロケ地。

写真拡大

2016年3月15日、韓国・聯合ニュースなどによると、北朝鮮の「ナンバー2」と言われた崔竜海(チェ・リョンへ)朝鮮労働党書記が昨年、公の場から一時姿を消した理由について、「息子の韓国ドラマ視聴が発覚したため」との主張が韓国の専門家から出ている。

【その他の写真】

世宗研究所統一戦略研究室の鄭成長(チョン・ソンジャン)室長が15日、ソウルで開かれたプレスフォーラムで、北朝鮮内部の事情に詳しい消息筋を通し確認した内容として明らかにした。鄭室長によると、崔書記は長男が韓国ドラマを視聴していた事実が国家安全保衛部の知るところとなり、「息子の教育を誤った」として金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に報告の上、「革命家教育」を受けることを自ら申し出たという。その後崔書記は、平壌の共同農場で息子と共に教育を受け復帰した。

鄭室長の主張について、韓国情報当局の関係者は「いくつかの説のうちの一つにすぎず、確認されていない内容」と述べている。

また、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

「こんな主張なら僕でもするよ!」
「韓国に隠れているスパイたちも、首領様のためにドラマを見るのはやめなさい」
「『太陽の末裔』(韓国でヒット中のドラマ)を見たら夢中になるのも無理ない。女性はソン・ジュンギのため、男性はソン・ヘギョのために脱北するはず」

「今まで国家情報院が報告してきた情報はうそだったってことか」
「いったい誰から聞いたの?」
「国家情報院は北朝鮮情報よりも国内政治の方に関心がある」
「北朝鮮情報はニュースにするのが楽だね。誰も確認できないから」

「何の研究所なのか、本当にやることがないみたいだね。この室長は引退させて、もっと役立つ研究をしてくれる先生を呼んでほしい」
「それでも崔竜海は、韓国の政治家と比べたらましだと思う」
「僕らも北朝鮮のドラマを見たら処罰されるのかな?」(翻訳・編集/吉金)