2月の訪日外国人客数は、前年同月比36%増の189万1400人で、2月として過去最高を記録。アジア地域の旧正月休暇シーズンである1、2 月の合計は、前年同期比44%増の374 万3000人で、史上最高となった。写真は羽田空港。

写真拡大

2016年3月16日、日本政府観光局が発表した2月の訪日外国人客数は、前年同月比36%増の189万1400人だった。2月として過去最高を記録したほか、単月でも2015年7月の191万8356人に次いで過去2番目の水準。1 月に引き続きアジア地域の旧正月(春節)休暇中における訪日旅行需要の増加が主な要因。旧正月休暇シーズンである1 月、2 月の合計は、前年同期比44%増の374 万3000人で、前年同期の260 万5000人を約114万人上回り、史上最高となった。

航空路線の拡大や訪日旅行プロモーションのほか、為替の円安基調による割安感の定着なども寄与した。

2月の訪日外国人客を国・地域別で見ると、中国がトップで、49万8900人(前年同月比39%増)。2月として過去最高を記録し、景気減速懸念が取りざたされる同国からの訪日爆買いツアーの勢いは一向に衰えていない。続いて韓国49万800人(同53%増)、台湾34万9000人(同26%増)、香港15万1800人(同39%増)の順。米国やタイなど、ロシア以外のすべての国で2月として過去最高を記録した。

日本政府観光局によると、3月以降も、イースタ―休暇や花見シーズンの到来により、訪日旅行客の一層の増加が期待されるという。(八牧浩行)