DAC、スマートフォン動画広告プライベート・マーケット・プレイス「Premium Video Market Place」を開始

写真拡大 (全2枚)

同社はPMP取引を強化し、多様化する動画フォーマットを活用したスマートフォンの優良広告枠販売を推進。連結子会社の株式会社プラットフォーム・ワンと共同で開発した、ビューアブルで自動再生する新広告フォーマット「Smart Vision Ads」を活用することで、高品質な動画表現が可能になるとのことです。

これにより、広告主はブランドセーフティーを保ちつつ、プレミアムサイトに集まるユーザーへの訴求力を高めることができます。
加えてビューアブル時点での広告課金が可能なため、効率よくリーチを獲得すると同時に、高いブランディング効果とエンゲージメント効果が期待できるとのことです。

本サービスはスマートフォンのみで月間約4,000万ユニークユーザへのリーチ、100億インプレッション以上の動画広告配信を実現しています。またDMP「AudienceOne®※2」を活用することで、性別・年齢などの属性やユーザーの趣味嗜好に基づくターゲティングが可能です。さらには動画視聴傾向によるクリエイティブ最適化やスマートフォンならではの位置情報と時間帯を掛け合わせたリアル行動ターゲティング、デバイスをまたいだクロスデバイス配信にも対応します。

▼掲載イメージ・対応フォーマット例

※1:プレミアムサイトの優良な広告枠を優先的に購入する自動広告取引。

※2:広告配信結果、ソーシャルメディア、提携企業の3rdPartyデータなどを収集・解析し、見込顧客の発見や既存顧客のロイヤルカスタマー化など様々なマーケティング施策に活用可能な、DACが提供するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)。収集したオーディエンスデータをもとに、多様なセグメントを作成することができ、さらにセグメントのデモグラフィック情報や、流入キーワードと掛け合わせた分析を行うことが可能。DMPとして国内最大級のデータ量を扱い、月間ユニークブラウザ数4.5億を超えるオーディエンスデータやアプリデータを保有し、格納するデータ量は1兆レコードを超える。