ソニーのアナログ盤をハイレゾ録音できるターンテーブル、6万1000円で4月16日発売。「PS-HX500」

写真拡大

ソニーは、アナログレコードの再生だけでなく、アナログレコードの音をハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるステレオレコードプレーヤー『PS-HX500』を4月16日に発売します。希望小売価格は6万1000円(税別)。

【ギャラリー】PS-HX500 (10枚)

詳細はこちらの記事もご覧ください

『PS-HX500』は、アナログレコードの音を最大DSD 5.6MHz、WAV(リニアPCM) 192kHz/24bitでPCに録音・保存が可能なステレオレコードプレーヤーです。保存した音源は、ハイレゾ再生対応のウォークマンなどのオーディオプレーヤーで再生できます。

本体は新設計のストレートトーンアームを採用したことにより、安定したトレースを実現しています。また、トーンアームと一体化したアルミダイキャスト製ラウンドシェルは共振が少なく、忠実な音源再生を行えるとしています。

ベルトドライブ方式のターンテーブルには、回転を安定させるため、アルミダイキャスト製のプラッター、レコード面との密着性が高い厚さ約5mmの独自開発ラバーマットを備えています。さらにセンタースピンドル部にはボールレスベアリング構造を採用し、回転とベルトの走行をより安定させています。

キャビネットは厚さ約30mmの高密度MDFを備えます。ソニー独自の偏心インシュレーターは中心ゴム部に独特の形状を施し制振性を高めています。

アナログレコードの録音・編集時に利用するPCアプリ「Hi-Res Audio Recorder」も新たに開発し、無料で使用できます。録音後に「不要部分のカット」「複数トラックへの分割」、「アルバム名」「アーティスト名」「トラック名」などタグ情報の編集を行えます。対応OSは、Windows7/8/10、Mac OS X 10.9/10.10/10.11。

本体の大きさは430×104×366mm、質量は5.4kgです。