16日、北朝鮮の首都・平壌から南東に約34キロ離れた地点でマグニチュード2.2の人工地震が発生した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は平壌。

写真拡大

2016年3月16日正午すぎ、北朝鮮の首都・平壌から南東に約34キロ離れた地点で、マグニチュード2.2の人工地震が発生した。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

韓国気象庁によると、震源の深さは約1キロで、発破作業によるものとみられている。今年1月に北朝鮮が核実験を行った時の人工地震の規模はマグニチュード4.8だった。

気象庁関係者は「国内でも発破作業をする時に感知されるレベルの人工地震」とし、「発生地点や規模から見て、核実験ではない」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「金正恩(キム・ジョンウン)が地下に避難所を作っている(笑)」
「国民を捨てて自分だけ助かろうとバンカーを掘っているのか?今までのバンカーはすべて位置がばれてしまったのだろう」

「金正恩が地下に逃げたら、入り口をコンクリートでふさいでしまえばいい」
「韓国につながるトンネルを掘っているのでは?」

「金正恩がダイエットのために縄跳びでも始めたか?」
「ミサイル発射で世界から批判されている時に核実験までしたら、本当に国が滅びてしまう」

「また人工地震?嫌な予感がする。北朝鮮は本当に恐ろしい国だ」
「まさか小型の核弾頭実験ではないよね?」(翻訳・編集/堂本)