昨年12月の「スーパーシリーズファイナル」には、プレミア5大会を含め年間12試合開催されるスーパーシリーズのランキング上位8名と8ペアのみが招待される。この大舞台に、3名、3ペアが出場した日本勢は、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)と女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)が日本人初優勝を果たし、さらに、女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀(ともに日本ユニシス)が3位になった。

 リオデジャネイロ五輪イヤーの今年も、3月13日まで行なわれたスーパーシリーズプレミアの全英オープンで奥原と高橋・松友が優勝し、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由(ひろゆき/ともに日本ユニシス)が2位と、その勢いを世界に示している。

 毎年3月にバーミンガムで行なわれるこの大会は、1899年に第1回が開催された世界最古の大会で、1977年から世界選手権が始まるまでは、実質世界一を決める大会として位置づけられていた。そして今もなお、バドミントン選手の聖地とされる大会になっている。

 そんな由緒ある大会で、77年の湯木博恵以来39年ぶりの優勝を果たした世界ランキング8位の奥原は、1回戦と2回戦を危なげなく勝ち上がると、準々決勝でも王儀涵(世界ランキン6位・以下同/中国)を寄せつけず2対0で勝利。準決勝ではキャロリーナ・マリーン(同1位/スペイン)と対戦して2対1で下し、決勝では世界ランキング5位の王適嫻(中国)に第3ゲームの序盤、5点をリードされながらも、持ち前の粘りで21対19と勝ちきって頂点に立った。

 一方、昨年の12月上旬まで世界ランキンク1位だったが、最近はケガの影響から3位に落ちていた女子ダブルスの高橋・松友ペア。準々決勝でロンドン五輪優勝の田卿・趙ウン蕾(同5位/中国)に第3ゲームの中盤から長いラリーを抜け出して勝利すると、準決勝では駱姉妹ペア(同1位/中国)を21対12と21対9で圧倒。決勝の相手は08年北京五輪優勝の干洋が昨年11月から組み始め、世界ランキング11位ながら6戦3勝、2位3回と強さを発揮している唐淵渟とのペアとなったが、相手の持ち味である強打を封じ込めてストレート勝ち。強敵である中国ペアを3戦連続で破って、同種目38年ぶりの優勝を果たした。

 男子ダブルスの早川・遠藤は、決勝こそノーシードながら勝ち上がってきたロシアのイワノフ・ソゾノフに接戦を制されて2対3で敗れたが、準々決勝では傅海峰・張楠(同3位/中国)にストレート勝ちを果たした。男子シングルスでは、桃田が田厚威(同8位/中国)に敗れたものの、準々決勝まで進出した。

 リオ五輪出場権獲得は、昨年5月4日から今年5月1日までの1年間のポイントランキングで決定するが、シングルスはその時点の世界ランキング16位までに2名以上がランクインしていれば最大2名まで出場でき、ダブルスは8位までが2ペアの出場権を獲得できる。五輪出場への最後の戦いをしている福万尚子・興猶(よなお)くるみ(ともに再春館製薬所)も準々決勝進出で望みをつないだ。

 3月10日現在の五輪レースランキング(2015年5月4日以降の試合が対象)では、男子シングルスは4位の桃田以外は出場が厳しい状況。女子シングルスは6位の奥原に続いて、山口茜がランキング10位だが、すぐ後ろには佐藤冴香(12位)と橋本由衣(13位)、三谷美菜津(16位)がおり可能性を残している。男子ダブルスは8位の早川・遠藤のみで、女子ダブルスは5位の高橋・松友が確実。10位の福万・興猶と11位の松尾静香・内藤真実がランキング8位以内に入れるかどうかという状況だ。

 そんな激しい五輪出場権争いをしている日本は、なぜここまでレベルアップしたのだろうか。その要因は、04年アテネ五輪でシングルス5名、ダブルス4ペアが出場しながらも、わずか1勝のみと惨敗してからの取り組みにある。

 92年バルセロナ五輪男子ダブルス優勝など、実績を持つ朴柱奉(パク・ジュボン)氏を韓国からヘッドコーチとして招聘。07年から始まったスーパーシリーズのようなレベルの高い国際試合に選手を積極的に出場させ、ハイレベルな戦いの中で技術を上げるとともに、"世界と戦う"という気持ちを明確に持たせる意識改革を行なった。

 さらに、練習でも様々な場面で考えながらプレーをすることを徹底させた。その効果は、07年世界選手権男子ダブルスと、女子ダブルス(小椋久美子・潮田玲子)の銅メダル獲得につながり、08年北京五輪では男子ダブルス(桝田圭太・大束忠)の5位、女子ダブルスの(末綱聡子・前田美順)の4位と小椋・潮田の5位という結果になって現れた。

 そんなシニアの競技に対する姿勢の変化は、朴コーチ招聘と同時期に本格的な強化が始まったジュニアにも浸透した。高橋・松友もその流れに乗って育った例だが、ジュニア強化の結果が現れ始めたのは、ロンドン五輪に男子シングルスのエースとして出場した田児賢一の06年アジアジュニア優勝からだった。

 そこを皮切りに、12年には世界ジュニアで桃田が優勝し、男子ダブルスも2位になった。女子も奥原が優勝で、山口が2位、大堀彩が3位。さらに13年には山口が優勝して大堀が2位になると、14年は山口が連覇を果たして大堀が3位になり、男子ダブルスは2位、混合ダブルスも3位という結果を残した。

 昨年は決勝進出こそなかったが、個人6、団体1と史上最多7個の銅メダルを獲得するなどジュニアのいい流れが続いている。

 そんなジュニア勢の成長が、14年の男子国別対抗トマス杯の初優勝と女子ユーバー杯2位につながり、昨年は男女混合国別対抗のスディルマンカップでも、史上初のメダル獲得(2位)という結果になって表れているのだ。

 これまで五輪での日本のメダル獲得は、前回のロンドン五輪女子ダブルスの銀メダルのみ。ただ、ここ数年は中国が、世代交代やダブルスのペア組み替えなどでかつての絶対的な強さが影をひそめているだけに、リオでは日本も複数種目のメダル獲得が、期待できる状況だ。日本などバドミントンの快進撃は、まだまだ止まりそうにない。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi