写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本郵便は4月1日、インターネット通販サイトでの商品購入時、受取場所に郵便局を選択して受け取れる郵便局窓口受取サービスを全国の約2万の郵便局(簡易郵便局を除く)で開始する。対象の荷物は「ゆうパック」。

同社では、ローソン(約1万1,500店舗)、ミニストップ(約2,200店舗)及びファミリーマート(約1万1,700店舗)において、インターネット通販購入商品を受け取れるサービスを実施してきた。今回の取り組みにより、郵便局を含む全国約4万5,400カ所の拠点での受け取りが可能となる。