4月24日、MotorFan’s Festaでは、富士スピードウェイのホームストレート1.5kmに100台以上の名車が並ぶ、史上最大のグリッドウォークを開催します!

通常のレースだと30〜40台しか並ばないホームストレートを、最終コーナーから第一コーナーまで“凄いクルマ”で埋め尽くします。しかも、F1やグループC、ラリーなどのモータースポーツの名マシン、旧車、チューニングカー、ドレスアップカー、スーパーカー、果てはドラッグマシンやD1マシンまであらゆるカテゴリーの名車が並びます。

レーシングカー

ロータス88(F1)
1
1981年のF1グランプリマシン。レギュレーション違反を問われて予選・決勝には出場できなかった幻のF1マシン。エンジンはフォードDFV。

 

MAZDA 787B

日本メーカーとして1991年に唯一ル・マン24時間レースを制した栄光のマシン。エンジンはマツダの26B型4ローター・ロータリーエンジン。

 
ヴェンチュリーLC92(F1)

1992年のF1グランプリに参戦するために開発されたF1マシン。チームはラルース。エンジンは、ランボルギーニ製3.5ℓV12。ドライバーは片山右京とベルトラン・ガショー。

 
マーチ83Gニチラ(星野車)

レーシングカー・コンストラクターのマーチが製造した1983年型マシン。グループCやアメリカのIMSAで活躍した。このマシンは、全日本耐久選手権で星野一義選手がドライブしたマシン。

 
ノバ532P(F2・星野車)

1978年の全日本F2選手権で活躍したマシン。エンジンはBMW、ドライバーは星野一義選手だった。全日本F2は、いまのスーパーフォーミュラの前身。国内最高峰のフォーミュラカーレースだった。

 
TOKAI Challenger(ソーラーカー)

世界最高のソーラーカーレースである「ワールドソーラーチャレンジ」で2連覇を達成するなど、世界の強豪としてしられるのが東海大学チーム。ボディはもちろんカーボン。太陽電池はパナソニック製だ。最高速は160km。

 

MAZDA MX-5グルーバルカップカー

マツダが今年から世界各地で開催するワンメイクレースの参加車両(カップカー)。ベースは、マツダ・ロードスター。欧州・アメリカ・アジアで開催予定で、このカップカーの価格は53000ドル。

 

三菱Pajero Evolution

パリダカと言えばパジェロ、というほど世界一過酷なラリーレイド、パリ〜ダカールラリーで活躍した三菱パジェロ。2001〜2007は大会史上初の7連覇を達成している。このマシンは2002年のパリダカ優勝車。

 

ヤマハOX99-11

ヤマハが市販を前提に開発したスーパースポーツ。発表は1991年。製作されたのは3台。スタイリングは由良拓也氏、エンジンはF1用3.5ℓV12エンジンだった。

 

三菱MiEV Evolution

三菱が世界最高峰のヒルクライムレースのために開発した電気レーシングカー。2014年のマシン。電気自動車改造クラスで1位を獲得している。

 

ドラッグマシン系

REDMOTORスズキGSX-R

1.6リットルで350馬力!全日本シリーズチャンプ!
K’s SPEED MASTER CUTLASS

本場仕込みのファニーカー!8.6リッターV8で6秒9をマーク!

 

アベグミGSX−R

1.5リットル2バルブのモンスタープロストックバイク!今は亡き仙台ハイランドのレコードホルダー!
DR,ROBERT’S RACING THE GUN FIGHTERS

6リッターV8で驚異の1500馬力!
本場アメリカンの立役者!

 

 

名車

MAZDA コスモスポーツ

1967年に世界ではじめて市販されたロータリーエンジンを搭載した市販車。マツダ・ロータリーのスタートを飾った名車。エンジンは、10A型ロータリー。

 

 

最新スーパーカー
ポルシェ911GT3RS

アストンマーチン・ラピード

BMW i8

マセラティ・ギブリ

 

 

モーターファンフェスタについて詳しくはこちら

※都合により変更となる場合があります。ご了承ください。

伝説の名車も登場。史上最大のグリッドウォーク参加車両(http://clicccar.com/2016/03/16/360624/)