写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECと米ジュニパーネットワークスは3月16日、グローバルにおける協業関係を拡大し、通信事業者や企業が事業変革を進めるために必要な通信サービスの柔軟性向上や、コスト削減に寄与するNFV(Network Functions Virtualization:ネットワーク機能仮想化)ソリューションの提供で提携したと発表した。

NFVソリューションは、NECのミッションクルティカルシステム構築技術を活用したクラウド基盤「NEC Cloud System」と通信事業者向け通信運用管理システム、統合運用管理ソリューション、システムインテグレーションなどのノウハウに、ジュニパーネットワークスの通信機器、仮想ルータ「vMX」や仮想ファイアウォール「vSRX」といったVNF(Virtual Network Functions:仮想ネットワーク機能)を組み合わせて提供する。

今回の協業の一例として、NECはvCPE(顧客宅内通信機器の仮想化)ソリューションにジュニパーネットワークスのNFV対応機器とソフトウェアを活用。これをNECの通信事業者向け通信運用管理システムや、統合運用管理ソリューションで運用することにより、導入企業のサービスの迅速化、ネットワーク運用の変革、事業変革や事業運営を支援し、コスト削減に貢献するとしている。

これまで、両社は、通信事業者や企業向けの高品質なソリューションの実現を共通の目的に2003年より協業している。また、アプリケーションに合わせた通信性能を柔軟に提供するため、マイクロ波・IP・光通信システムなどを重点領域に位置付け、注力してきた。

今回の提携により、両社の提携関係はビジネスの改革を支援するSDN(Software-Defined Networking:ソフトウェア定義型ネットワーク)やNFVソリューションまで拡大する。今後、同ソリューションをグローバルに提供していくとともに、IoTやリテール・監視のクラウドサービスなどの検証のために最新の研究環境の整備や、技術検証を共同で行っていく方針だ。

(岩井 健太)