【黒崎くん】キスに耳かぷ!? 超ドS攻撃にハマっちゃう“言いなり”女子急増中

写真拡大

現在、大ヒット公開中のSexy Zone中島健人主演映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』。日常ではあり得ない、“胸キュン”ならぬ“エロキュン”シーンが話題を呼び、はやくも虜になる女子が急増中です。

【動画】Sexy Zone中島健人主演「黒崎くん」超エロキュン予告編を見る

【予告編動画】中島健人主演「黒崎くんの言いなりになんてならない」

しかもSNS上では、「黒崎くんの言いなりになってくる」「黒崎くんのおかわりする」といった、独自のワードが誕生するまでに。それほどまでに女子たちを魅了する「黒崎くん」とはどんな映画なのでしょうか?

キス、耳かぷ…ドSシーン満載の「黒崎くん」って?

「黒崎くん…」は、講談社「別冊フレンド」にて人気連載中の同名漫画が原作。転校デビューを目指す主人公・赤羽由宇(小松菜奈)が、超ドS男子・黒崎晴人(中島健人)と、女子生徒の憧れ・白河タクミ(千葉雄大)の間で揺れる恋心が描かれます。

本作には、壁ドン、顎クイにとどまらず、日常ではあり得ない過激シーンが満載! このほど公開された原作の人気シーン“強引に乗せられた観覧車の中でキス”だけでなく、“教室で突然の耳かぷ”“嵐の夜のいきなりのうしろ抱き”など、胸キュン設定が次から次へと登場!

そんな黒崎くんの、強引だけど時々優しいギャップが女子をメロメロにしています。

黒崎くんの言いなりになっちゃう女子急増中!

そんな本作は、2月29日(月)付週末興行ランキングでは観客動員数第1位、ぴあ映画初日満足度調査でも92.4点で第1位を獲得しました。2週目も、3月7日(月)付同ランキングにて観客動員第2位をキープ。さらには3週目も好調で、興行収入7億865万200円(3月15日時点)と大好評。

劇場の大スクリーンで“エロキュン”シーンを体感した女子たちはまたたく間に虜になり、SNS上では「黒崎くんの言いなりになってくる」「黒崎くんのおかわりする」といった独自のワードも誕生!

やめたくてもやめられない! 気づいたら好きになってた! という、黒崎くん中毒の“言いなり女子”が急増中。まだ未体験の人は、“黒崎ワールド”を覗いてみませんか?

【予告編動画】中島健人主演「黒崎くんの言いなりになんてならない」