15歳の英国人少年、世界最大のドローン・レースで25万ドルを獲得

写真拡大

ドバイで賞金総額100万ドルのドローン・レースが開催された。2017年には、ドバイでドローン・レースのほか、ロボットによる水泳、ランニング、レスリング、カーレースが含まれる世界大会も開催される。

「15歳の英国人少年、世界最大のドローン・レースで25万ドルを獲得」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドバイで開催されたドローン・レース「ワールド・ドローン・プリ(World Drone Prix)」で、15歳の英国人少年ルーク・バニスターが優勝し、25万ドルの賞金を手にした。この世界最大のドローン・レースは、賞金総額も世界一高い100万ドルだ。

レーシングチーム「トルネード・Xブレーズ・バニUK(Tornado X-Blades Banni UK:以下の動画)」に所属するバニスターさんが操縦するドローンは、ライトアップされた夜の屋外サーキットを巧みに飛び回り、参加した150チームを抑えて優勝した。ドローンのパイロットたちは、レース用オーバーオールを着てVRヘッドセットを装着し、自分のドローンのフロントに搭載されたカメラからの映像でドローンの位置をモニターしながら操縦する。

「世界レーシング・ドローン協会(World Organization of Racing Drones)」が運営するワールド・ドローン・プリでは、参加者のドローンは空中に設置されたコースを12周する。途中いくつもの障害物を避け、ペナルティを最小限に抑えながら、1レースにつき最低1回のピットストップをして、最初にゴールした者が勝ちだ。

1チームは最低4人で構成される。パイロット、ナヴィゲーター、技術クルー、そしてスポンサーも必要だ。ただし、このレースは無料で参加できる。

ジェットコースターのようなサーキットは全長591mだが、1度ずつしか通ることのできない2本の「ショートカット・レーン」と、一度は通らなければならない回り道の「ジョーカー・レーン」を含めると822mになる。

現在、運営側は今後のレース開催地を探しているところだという。多くの都市や国が、次のレースの開催地となることに興味を示している。世界レーシング・ドローン協会は、その地域の特性や、法律、土地柄などを考慮に入れて検討を進めている。

一方、アラブ首長国連邦のムハンマド・アル・ゲルガウィ内閣総務大臣はAP通信に対し、2017年12月にドバイで「世界未来スポーツ大会(World Future Sports Games)」を開催する計画であることを明らかにした。

競技には、ドローン・レースのほか、ロボットによる水泳、ランニング、レスリング、カーレースが含まれるという。

関連記事:ドローンを捕まえるドローン(動画あり)

TAG

DroneVideoWIRED UK