国連が批判する日本の漫画の性表現 竹宮惠子氏が語る思い

ざっくり言うと

  • 日本の漫画における性表現について、竹宮惠子氏が語っている
  • 「そこに愛というものが育ちうるということを描きたかった」と話す
  • パンドラの箱を開けなくては「希望の光は出てこられなかった」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング