写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは3月15日、アルゼンチンのブエノスアイレス市営地下鉄の運営に関わるセキュリティシステムを構築したと発表した。

ブエノスアイレス市営地下鉄は、1日当たり200万人以上の乗客が利用するアルゼンチンの主要な鉄道。そのため、運営には強固なセキュリティ対策や安全性の確保・向上が求められているという。

今回NECは、ブエノスアイレス市営地下鉄の計26棟の車庫において、監視カメラシステムや職員向けの入退場システムを構築した。3拠点の専用監視センターで職員が随時映像の確認を行うことで、不正侵入や犯罪の防止など、車庫の安全な運営に役立てる。

さらに、約90駅の改札口において、監視カメラシステムや、専用ストレージの活用により約30日分のビデオ映像の保管が可能なシステムを構築。2拠点の専用監視センターで職員が随時映像の確認を行うことで、改札口における無賃乗車のような不正行為や迷惑行為の防止に活用する。

(山本明日美)