15日、韓国政府が全部署共通で使用するシンボルマークを初めて定め、デザイン案を一般に公表したところ、韓国のネットユーザーからまずまずの評価が寄せられている。写真は韓国のパスポートと国旗。

写真拡大

2016年3月15日、韓国政府が全部署共通で使用するシンボルマークを初めて定め、デザイン案を一般に公表したところ、韓国のネットユーザーからまずまずの評価が寄せられている。韓国・ニュース1が伝えた。

韓国文化体育観光部は昨年3月、光復(日本からの解放)70年を機に韓国政府の新たなシンボルを開発し、これを政府機関が共通で使用することで「一つの政府」としての部署間の協力を推進する計画を明らかにしていた。これまでは中央行政機関がそれぞれ別のマークを設定し使用していたが国民の認知度は低く、「マークを一つも知らない」という国民が半数以上を占め、7割近くが「統一されたマークが必要」との認識を示していた。

経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国の例を見ると、各行政機関が個別のマークを使用している国は日本など6カ国のみで、政府統一のマークを定める方式が主流になっている。

新たなマークは太極文様をモチーフとしており、生命を表す青、躍動を表す赤、光を表す白の3色が使われている。金鍾徳(キム・ジョンドク)文化体育観光部長官はデザインについて「3色の組み合わせと余白の美しさを生かしたすっきりとした表現で『大韓民国らしさ』を極大化させた」と述べた。

この日、閣議への報告を経てデザインが一般に公表されると韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられたが、好意的に受け止める意見が大勢のようだ。

「悪くない」
「変えるのは良いこと。マークだけ変えて終わらないようにしてほしい」
「よくやった。もっと前からやればよかったのに!」
「すっきりしていいね。予算をどのくらいかけたかが問題だけど」

「シンプルかつ古風な感じ。過去と現代が融合したデザインのように思える。現政府がやった仕事では一番だね」
「大韓航空には太極マークを使わせないようにしてほしい。知らない人が見たら韓国を代表する航空会社かと思われる」

「ついでにパスポートのデザインもなんとかして。今のはダサい」
「趣旨もデザインもいい。でも、次の政権でも使い続けるのか疑問だ」
「おお、国が作ったデザインがなぜ良く見えるんだろう?」
「ペプシのマークと似てるけど、いいね!」(翻訳・編集/吉金)