画像

写真拡大 (全2枚)

 マクロミルは、オンライン広告効果測定やサイト訪問者のリサーチ・分析を行う「AccessMill」と、GMOリサーチのリサーチパネル「CPAT」を連携し、Web広告の配信実験調査サービスを開始した。これにより少量の広告出稿で、広告効果を実験的に把握できる。

 マクロミルは、実行動ベースでオンライン広告効果測定やサイト訪問者のリサーチ・分析を行うサービス「AccessMill(アクセスミル)」と、GMOリサーチが提供するリサーチパネル「CPAT(シーパット)」を連携し、Web広告の配信実験調査サービスを開始した。

 両サービスの連携により、広告内容や接触頻度をコントロールした上で、パネルに対し、Web広告による態度変容や評価などの効果検証が可能になった。これにより少量の広告出稿で、広告効果を実験的に把握することができる。

MarkeZine編集部[著]