カード破産は絶対に阻止! クレジットカードを使うときのマイルール6つ!

写真拡大

クレジットカードを持ったら大人の証! 簡単に支払いができて便利なので、ちょっと認識が甘かったりすると、実はダークサイドに堕ちてしまう恐ろしいカード。簡単に作れて、かつふわっとしたCMに惑わされてよく理解せず使っている方も多いのでは? 今回は「クレジットカードを使うときに、自分の中で決めているルール」について聞いてみました。

■金額設定

・「1000円以上はカード。1000円以上でポイントがつくから」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「月に使う上限を決めている。使いすぎてしまうから」(23歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

このマイルールは設定している方が多いのではないでしょうか。逆に言えば、これを考えずに使用している方は金銭感覚に要注意! プランニングして毎月のお金の流れを知るべき!

■使用額、使用歴を常に把握

・「利用明細が出るまではクレジット払いのときのレシートは取っておく」(32歳/自動車関連/技術職)
・「明細はきちんと見ること。おかしな取り引きになっていたら、即刻確認するため」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

有名なサイトだからと言って安心している方は危機管理が甘い! 特にネットショッピングをする方は、いつでも誰にでも起こることだと認識すべし。

■必ず一括

・「一括払いしかしない」(24歳/生保・損保/事務系専門職)
・「金利がかからない方法で支払うこと。不必要な出費をしたくない」(25歳/食品・飲料/専門職)
・「絶対にリボ払いはしないこと。ローンが組めなくなるそうなので」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

銀行のATMもそうですが、手数料を払うなんてバカバカしいですよね。あまり気にしていない方は、とりあえず、昨年のATMの手数料を計算してみるといいかも。

■現金よりメリットがある場合のみ使用

・「高額な場合のみ。(10万円近い高額の場合、カードを使うと現金より安くなる場合、ネット購入でクレジットのほうがポイントもついてお得な場合)基本的に現金主義」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「非常時だけ。カード破産してるヤツを身近に見てるから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「衝動買いでは使わない。際限なく使ってしまいそうで怖いから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

この線引きができている方は、マネープランがしっかりしている印象ですね。ついついお財布に現金がない場合など使ってしまいがちですが、これくらい気をつけていればお金も溜まりそう!

■カードの使いわけ

・「家庭用と自分用で分ける。家計の管理をするため」(28歳/情報・IT/技術職)
・「ネットでの買い物ではクレジットカードを使う。普段は現金で払い、ネットのみカードにしている」(29歳/学校・教育関連/専門職)
・「できるだけ1つのカードを使う。ポイントが効率良く貯まるので」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

目的ごとに使いわけている方など多いですが、自分にメリットがあるクレジット1枚を決めて、それでのみポイントを貯めている方は多かったです。旅行好きな方はマイレージでエアーを無料にしている方も多いのではないでしょうか。

■基本クレジット

・「使える場所はとにかくすべてクレジット。小銭を持ちたくない。現金を下ろすのが面倒」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「できるだけポイントの貯まりやすいゴールドカードを使う」(34歳/医療・福祉/専門職)
・「ポイントを二重・三重取りできるようにする。少しでもポイントを貯めたいから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

サインレスの場所も多いですし、時短にもなるしクレジットカードは便利ですよね。マネー管理のアプリに自動反映されたり、お金の流れに漏れがなくなるメリットもあると思います。

■まとめ

カード破産を阻止するには、金額設定や使用額の把握、分割にしないなど、基本的にこの3つを気にすれば問題なさそうですね。何事もルールを決めてそれに沿っていれば、大問題に発展することもない!

(大場 杏)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数151件(22歳〜35歳の社会人女性)