15日、観察者網によると、中国海南省三沙市の肖傑市長は永興島の海水淡水化プロジェクトがすべて完了したことを今月の「両会」期間中に明らかにした。写真は永興島。

写真拡大

2016年3月15日、観察者網によると、中国海南省三沙市の肖傑(シャオ・ジエ)市長は永興島(ウッディー島)の海水淡水化プロジェクトがすべて完了したことを今月の「両会」期間中に明らかにした。

南シナ海を舞台に同海域を取り巻く国々が領有権争いを繰り広げる中、中国は南シナ海の島しょを管轄する自治体・三沙市を2012年に設立。最大の島である西沙諸島(パラセル諸島)・永興島に市政府を置いた。中国は今回の両会(全国人民代表大会、全国政治協商会議の総称)で発表した政府活動報告でも「海洋強国」路線を打ち出している。

1000トンの海水処理に向けた同プロジェクトは12年11月に始まり、パイプ敷設は15年末に終了、施設の工事も今年1月にほぼ終わったという。同市長は西沙の他の島でも淡水化施設の整備が進んでいると述べ、生態系の保護に取り組む姿勢を見せた。(翻訳・編集/野谷)