1辺10cmの超小型ながら、独自のヒートシンク冷却で安定性を確保

写真拡大

パソコン(PC)用周辺機器などを扱うzionote(ジオノート、埼玉県朝霞市)は、NUC(Next Unit of Computing)PC「NUCBOX2820」を2016年5月11日に発売する。価格は3万9800円(税込)。

「NUC」はインテルが推進するデスクトップ型の超小型PC規格で、1辺が10センチの超コンパクトサイズ。開発元の韓国ShadowSystemsの技術により、ファンを使わずヒートシンクで冷却するファンレス設計で高い静音性を実現した。高度な構造設計と冷却システム、蓄積されたデータのノウハウによって長時間の安定動作が可能だという。

NUCはCPU付きマザーボードで提供される規格のためCPU交換は非対応だが、ケース・電源・CPU付きマザーボードがセットのベアボーンでの発売で、メモリー、ストレージ、OSは自由に選択できる。なお、インテル提供のドライバーでWindows 8/8.1(10対応予定)に対応する。

CPUは「Celeron N2820」。メモリースロットは8GBまで実装可能。インターフェイスは前面にUSB 3.0×1、背面にUSB 2.0×2、HDMI×1、オーディオ×1、ギガビット有線LANなどを装備する。