13日、中国の司法当局は、2015年にテロ行為など国家の安全を脅かす犯罪で1419人が有罪判決を受けたことを明らかにした。写真は中国の警察特殊部隊。

写真拡大

2016年3月13日、中国の司法当局は、2015年にテロ行為など国家の安全を脅かす犯罪で1419人が有罪判決を受けたことを明らかにした。仏RFI(中国語電子版)が伝えた。

中国の最高裁判所に当たる最高人民法院のトップ、周強(ジョウ・チアン)院長が全国人民代表大会(全人代)で報告した。

テロ行為など国家の安全を脅かす犯罪に関し、中国の各裁判所が昨年1年間に審理し判決を出した事件は1084件。有罪判決を受けた人数は1419人で、14年の712人からほぼ倍増した。(翻訳・編集/柳川)