14日、韓国で継母の激しい虐待の犠牲になった7歳の男の子が山中で遺体となって発見された事件を受け、韓国・文化日報は、韓国でこのところ相次ぐ親による子の虐待事件について報じた。資料写真。

写真拡大

2016年3月14日、韓国で継母の激しい虐待の犠牲になった7歳の男の子が山中で遺体となって発見された事件を受け、韓国・文化日報は、韓国でこのところ相次ぐ親による子の虐待事件について報じた。

韓国保健福祉部と警察庁の調べによると、10年に5657件だった韓国の児童虐待事件は、11年6058件、12年6403件、13年6796件、14年1万27件と、4年で77%も急増している。記事は最近発覚した主な事件を列記したが、「父親が生後3カ月の娘をベッドから落として放置」「両親が衰弱した小学生の息子を殴った末、その遺体を切断し3年余り冷凍保存」「両親が中学生の娘を殴り、遺体を白骨化するまで放置」など、実の親や継母らが加害者となり子どもが犠牲となった痛ましい事件が6件。また昨年末には、11歳の少女が父親と同居する女から3年以上も監禁された末に辛うじて逃げ出し保護される事件も起こっている。

記事はこうした事件を防げなかった要因は、「子どもに対する体罰を容認する社会的な雰囲気」「他人のことに関わろうとしない隣人の無関心」「事件を予防する社会システムの不備」が結び付いたものだと指摘している。実際に、上記の事件の中には「子どもが服も着ずに外を歩いていたが、自分の子でもないので知らないふりをした」と隣人が証言するなど、身近で事件の兆候がみられた例も少なくない。

韓国政府はこうした事態を受け、全国民への父母教育の義務化や専任警察官の大幅増員などの対策をようやく打ち出し始めている。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「増えたわけじゃなくて、これまでみんな無関心だっただけ」
「これまで葬り去られた事件が多いんだ」
「大統領も首相も大臣も国会議員も国民を無視してるくらいだ。みんな人間性を失ったとみるべきだろう」

「子どもが親を虐待したら大騒ぎになるし、厳しく処罰される。なのにその反対は?裁判所が出した量刑だけ見ても、あきれるものばかりだよ」
「裁判官を人工知能(AI)に変えて、厳しい処罰を積極的に検討してほしい」
「うちの町は裕福な家が多いけど、それでもたまに子どもをたたいて叱る声が聞こえる。最近静かになったのは引っ越しただけなのか…恐ろしい」

「虐待をした親は顔を公開して」
「地獄らしいね。地獄という表現も、本当の地獄に申し訳ないけど」
「この国は『孝』の思想が強いから、子どもが親の間違いを告発することができない。文化がこれだから、国がつぶれても仕方ないね」(翻訳・編集/吉金)