14日、動画配信サイトでの「顔出し配信」が驚くほど稼げるとして、中国では若い女性の間で憧れの職業になっている。

写真拡大

2016年3月14日、動画配信サイトでの「顔出し配信」が驚くほど稼げるとして、中国では若い女性の間で憧れの職業になっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

シンガポールのチャンネルニュースアジア (CNA) によると、中国で「網絡主播(インターネットアンカー)」と呼ばれるのが、動画配信サイトでゲームを実況したり、トークや歌を披露する「顔出し配信」の女性たち。がっぽり稼げるとして、若い女性の間で憧れの職業になっている。

ある20歳の女性が「網絡主播」で稼ぐ1カ月の収入は、大卒初任給の約6倍。自宅でウェブカメラの前に1日9時間ほど座り、ユーザーとおしゃべりをしたり歌を歌ったりする。収入の8割はファンからの贈り物だが、ライバルの「網絡主播」はどんどん増えているため、ファン離れを防ぐための努力は惜しまない。

こういった「網絡主播」を抱える某マネジメント会社では、13年の設立以来、収益は前年比50%増の成長を続けている。同社には約300人の「網絡主播」が登録しているが、最も稼ぐ人で月収3万ドル(約340万円)にもなる。

こういった「網絡主播」を支えているのは、若い独身男性がほとんど。中国では独身男性の数が20年には3000万人に達すると見られており、同業界の今後の見通しは非常に明るいものとなっている。(翻訳・編集/Mathilda)