働くママの共感を集める話題のムービー! 2つの物語が見せるリアルな日常。

写真拡大

厚労省によると2歳半までの子供をもつママが、社会に出て働いている割合は46.5%と約半数近くにのぼる。つい先日も、職場復帰の際に保育園に入れるかどうか悩むママたちのブログがソーシャルネットワーク上や、メディアで話題になったばかりだ。主流になりつつある働くママたちの存在。いま、そんな人たちの間で共感を呼んでいるのが “いい日も、そうでない日もある”をコンセプトに、2つのストーリーを同時に描く話題の動画。同じ画面に映し出されるのは、まったく違う1日を送る働くママの姿。これは資生堂エリクシールのプロモーションとして作られた映像作品なのだが、そのあまりのリアルさに共感の声が続々と寄せられている。



この動画は昨年末、資生堂エリクシールのfacebook上で公開されて以来、約70万回も再生されている。また、コメント欄には同じ環境のママたちからのリアルな感想も多く寄せられている。


「両方を繰り返してます。今日も頑張ります!」

「8割、青い服の方のママさん!!なんか涙がでちゃうなぁ。でも、頑張りまーす!」

「ちょっとウルっとしてしまいました。いろんな毎日ですが、いずれもそれぞれに幸せなんですよね。家族も自分も大事に、日々丁寧に過ごせたら、と思いました。有り難うございます。」

「“ママ、かわいい!”と我が子(4歳)が青い方を指差して言いました。いや、それママちゃうんやけど、まぁママみたいなもんやわ、と返しました。(苦笑)ドタバタな毎日も人間らしくてしくて好きです。」

「どちらも、きっと正解。素敵です!」


一見「理想」と「現実」を対比させたかに見えるこの動画。だが、最初はふたつに見えていたストーリーが、いつしかひとつに繋がっていく。そこにあるのは、いい日もあれば、なにもかもうまくいかない日もあるというふたつの現実。

そのどちらもリアルな現実で、そのどちらも充実した毎日。どんな日でも、肌がキレイならまだやれそう、うまくいきそう、と思える。エリクシールはキレイな肌を通じてそんな前向きな日々をサポートしてくれる。きょうはあしたへ、あしたはあさってへと続いていく。だからこそ、キレイな肌で毎日を前向きに過ごしてもらいたい。そんなエリクシールの想いが詰まっているから、この動画は共感を呼んでいる。仕事と育児の両立で思い通りにいかないことに直面することが多くても、日々の充実があらわれた美しい肌は、きっと働くママたちの背中を後押ししてくれるはず。
[PR企画 livedoor×資生堂エリクシール]


■関連リンク
・資生堂エリクシール
エリクシールブランドムービー特設サイト
エリクシールブランド公式サイト