台湾の半導体メーカー、日本企業と共同開発の車載システム発表

写真拡大

(台北 15日 中央社)半導体メーカーのヴィア・テクノロジーズ(威盛電子、新北市)は14日、タクシー会社大手の日本交通の子会社、ジャパンタクシー(旧・日交データサービス、東京都)と共同で開発した車載システム「VIA AMOS-825」を発表した。

同社は、システムの導入によりコストの削減や、乗客の利便性、安全性の向上などの効果が見込めるとしている。

ジャパンタクシーは、タクシー配車アプリ「全国タクシー」のほか、ドライブレコーダーなどの開発を手がけている。

(張建中/編集:杉野浩司)