もはや春秋の定番となった史上最大級のファッションフェスタ「第22回 東京ガールズコレクション 2016 SPRING/SUMMER」が3月19日(土)、国立代々木競技場で開催されます。

たくさんの人気モデルが登場しますが、Noshでは先行して出演モデルさんにインタビューを敢行! 今回は雑誌『JJ』専属モデルとして脚光を浴びている大川藍さんを直撃してまいりました。

Q:大川さん、TGCには何度も出演されていますよね。緊張しますか?

大川藍(以下、大川):いや、それが全然しないんです。逆にインタビューとかのほうが緊張しちゃいます(笑)。私、普段はほんまに緊張しぃなんですけど、ランウェイが一番緊張しないかもです。自分が楽しみむほうが勝っちゃうので。

Q:そんな大川さんの2016年S/Sのファッションテーマは何ですか?

大川:トレンドも入れつつ、自分らしくでしょうか。春夏の服がもともとすごく好きなんです。トレンドだとレース素材が今年は多く出ているので、結構今取り入れています。レースって春夏しか着られないし、ちょっと女性らしさを出しつつ、かわいらしさも出せる万能アイテムですよね。


Q:本日はスニーカーコーデ(※写真は私服です)ですけど、スタイルアップのポイントはありますか?

大川:普段、スニーカーが多いんです。スニーカーにハイウエストを合わせて、バランスをとっています。例えば、ハイウエストでヒールを履いちゃうと、「頑張ってるな」って思われそうなので、そこは1アイテムで外して、スニーカーで今年っぽく仕上げます。

Q:アイテム数は多いほうですか?

大川:バッとクローゼットを開けて、いっぱいお洋服があってっていうのが理想ですけど、そんな贅沢もできないので、あるものでいかにファッションを楽しむかっていうのが腕の見せ所かなって。プチプラなもので楽しんだりします。

Q:プチプラコーデ、します?

大川:めちゃくちゃします! っていうか、ほぼほぼそうです(笑)。モデルって結構みんな「どうせ高いの着てるんやろ?」っていう目で見られるんですけど、私は全然そうじゃなくて、FOREVER 21とかH&M、ユニクロとかを組み合わせて、かわいく見せるのが特技かもしれません。

Q:ファッションのこだわりも強いですが、美容でのこだわりもありますか?

大川:ストレッチとマッサージは欠かさず毎日やっています。あとは……う〜ん。逆に我慢しないこと! 食べたいときは食べて、でも絞るときは絞る、みたいな。食べるのが好きなので我慢したくないんです。だから、絞るときだけ控えて、夜ごはんを抜きます。

Q:18時以降食べないとかですよね。違います?

大川:私は全然違いますね。3〜4日で「痩せた?」って周りに言ってもらえるくらい違うみたいです。でも……お腹すいて全然寝られへんけど(笑)。我慢や、我慢や〜って言い聞かせて、お水を飲んで寝ます。朝起きたら食べれるということを希望にして……。

Q:モデルさんも絞るときは辛い思いをされているんですね。ありがとうございました。最後に、出演にあたっての意気込みをお願いします!

大川:今回、普段『JJ』の私のイメージとは、ちょっと違うお洋服を着させていただきます。すごいカラフルなので、私自身もすごく楽しみです。そして、皆さんにどれだけ楽しんでもらえるかがファッションショーの醍醐味だと思うので、皆で一体になって楽しみましょう!(取材・文・写真:赤山恭子)

【関連記事】

※ 飯豊まりえ「本番までに体調管理を…」【TGC本番前単独インタビュー】

※ ピクサー最新作「アーロと少年」が公開!「ひとりぼっち同士」の友情物語を描く

※ 「ダメ恋」深田恭子演じるミチコが可愛すぎる♡「これはモテる」という声多数!

※ 窪田正孝、緊張でガチガチ!竹野内豊との対面シーンでの秘話を明かす

※ 小雪、やさしいママの顔で語る「人に助けてもらっている分還元していきたい」