15日、中国湖北省武漢市漢陽区の自動車ディーラーでこのほど、メンテナンスをめぐって客と従業員の主張が割れ、警察が出動するトラブルが発生した。資料写真。

写真拡大

2016年3月15日、中国湖北省武漢市漢陽区の自動車ディーラーでこのほど、メンテナンスをめぐって客と従業員の主張が割れ、警察が出動するトラブルが発生した。楚天都市報が伝えた。

同省荊門市に住む女性は今年1月、昨年7月に31万元(約540万円)で買ったベンツを武漢市まで運転し、購入後初めてのメンテナンスを行うためディーラーを訪れた。すると、作業員から「エンジンに大量の白砂糖が見つかった。洗浄するためにはエンジンを分解する必要があり、費用は自己負担になる」と告げられた。女性が提供した写真では、エンジンのオイルフィルターの隙間に砂糖と思われる顆粒(かりゅう)が大量に挟まっていた。

店側の提案に女性は、費用の自己負担やエンジンの分解が車にダメージを与えると心配し受け入れられなかった。さらに、「店の作業員が砂糖を入れたと思う。砂糖があらかじめ入っていたのなら、自宅からここまで無事に運転できるとは考えにくい。それに、エンジンの中に砂糖を入れるには車のキーや専門知識がないとできない」と女性は主張し、監視カメラの映像を見せるよう求めた。

店の責任者は女性の要求を受け、「作業員が発見したものは砂糖と思われる。店は場所によっては監視カメラを設置しておらず、作業員が砂糖を入れたかどうかは断定できない」と回答。同トラブルの解決法として、警察は第三者機関に鑑定を依頼し、砂糖がどういった経緯でエンジン内に入ったのかを特定した後に双方の話し合いを行うよう助言した。(翻訳・編集/内山)