食品薬物管理署提供

写真拡大

(台北 15日 中央社)衛生福利部(衛生省)食品薬物管理署は15日、日本から輸入されたユリネからカドミウム、ラディッシュとキウイ、シソから残留農薬がそれぞれ規定値以上見つかったとして処分したと明らかにした。

また、フィリピンから輸入されたロックロブスターからも基準値以上のニトロフラン代謝物が検出され、こちらも処分された。

(陳偉テイ/編集:齊藤啓介)