糖質量をオフしながらも鶏肉はガッツリ食べられるのがうれしい「鶏の柚子こしょう焼き弁当(雑穀入りごはん)」(540円)

写真拡大

ファミリーマートは、食の専門誌「dancyu(ダンチュウ)」編集部監修の下、「dancyu ダイエット(TM)シリーズ」として、糖質を抑えた「鶏の柚子こしょう焼き弁当(雑穀入りごはん)」(540円)と「野沢菜チーズおむすび」(128円)を3月15日(火)から北海道を除く全国の店舗にて発売する。

【写真を見る】20%の糖質量オフを実現した「野沢菜チーズおむすび」(128円)

「dancyu ダイエット(TM)シリーズ」は、“ごはんを楽しみながら糖質の量を抑えたい”というニーズに応えるべく、弁当は糖質量1食40g以下、おむすびは20%の糖質量オフをコンセプトに開発。

今回発売する「鶏の柚子こしょう焼き弁当(雑穀入りごはん)」も、ごはんに粒状のコンニャクや雑穀を加えて炊くことで糖質を抑え、野沢菜やしらすを加え食べやすい食感に仕上げている。そこに柚子こしょうの風味を効かせた鶏照り焼きをメインに、ひじき煮白和えやブロッコリーガーリック和えなどの副菜をバランスよく合わせた。

また「野沢菜チーズおむすび」も、粒状のコンニャクをお米とブレンドして炊くことで、糖質量を20%オフを実現。食感と彩りの良い野沢菜にチーズを組み合わせることで、満足感が得られる商品となっている。

糖質量オフを実現しながら、食感がよい食材を入れることで、食べごたえもあって楽しみながら糖質の量を抑えることができる新商品。無理なく糖質量をオフしたい人はぜひ試してみてはいかが。【東京ウォーカー】