世界保健機関が2012年の世界の死因を発表 約4分の1が環境関連

ざっくり言うと

  • 世界保健機関が、2012年における世界の死因を発表した
  • 約4分の1は、大気や水、土壌などの汚染といった環境因子によるものだという
  • 地域別では、環境要因に関連する死者数が最も多かったのは東南アジアだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング