「育成」はその国の未来だ。

 なでしこのリオ五輪予選の裏で行なわれたラ・マンガ国際大会(スペイン)は、出場選手に23歳以下の規定がある。男子と違い、女子は23歳以下の年代は国際経験を積む場がほとんどないため、この大会は各国の貴重な育成年代強化の場にもなっている。アメリカやフランス、ドイツなどの強豪国は、フル代表の未来を担う若手の育成に並々ならぬ力を注いでいる。視察のためのスタッフを投入し、映像を撮り続け、徹底的に他国の育成年代を分析しようとしていた。

 そして、今回ドイツはさらに下の年代を強化するため、20歳以下のチームで臨んでいた。

 日本でも19歳以下でチームを構成する案は上がったというが、高倉麻子監督はあえてその選択をせず、19歳から23歳までの選手を幅広く招集した(平均年齢は21歳)。

「この年代にもすごく面白い選手がいるんです。彼女達に欠けている国際経験を積ませてあげたいと思いました」

 アンダー世代の代表活動が最後となる20歳を過ぎてから急激な成長を見せる選手もいる。そして、今大会ではそういう選手の強化もひとつの目的だった。

「全員にチャンスを与えようと思っていました」との言葉どおり、指揮官は組み合わせとポジションを様々に入れ替え、6人の交代枠も含めて2戦目までに20人全員(ケガ人を除く)を起用。本命だった第3戦目のドイツ戦では2試合のパフォーマンスを見極めた上でベストメンバーを組み、勝負に臨んだ。

 そのドイツ戦で2トップを組んだのが、増矢理花(INAC神戸/20歳)と千葉園子(ASハリマ・2部/22歳)だ。

 あちこちに顔を出してゲームを組み立てながら、前線にも果敢に飛び出していく。背番号「10」を背負い、増矢は攻撃センスを存分に発揮した。視察に来た他国の関係者の間では、増矢のテクニックの高さに注目が集まった。

「うまくいっていると感じるのは、感覚でやれている時。それが成功している時です。計算したり、考えすぎると自分のプレーが発揮できなくてミスも増えてしまうんです」

 それは偽らざる本音だろう。複数のDFに囲まれながら鮮やかな切り返しで華麗に抜き、難しい体勢から絶妙のアシストを成功させるなど、技術の高さと攻撃センスには目を見張る。一方で、そのセンスが攻撃面に偏り、守備では本来いるべきゾーンを空けてしまうこともある。ポジションごとの役割が明確なゾーンディフェンスにおいては、克服しなければならない課題だろう。しかし、本人が感じている"課題"は、とことん攻撃面にフォーカスされているのだ。

「課題は『精度』です。相手によっては立ち位置でプレッシャーをかけてくる人もいて、勝手にプレッシャーを感じて(パスを)受けられなかったり出せなかったりするんです。海外の速くて強い選手がそれをやってきた時に、どうしたらいいのか......今後はそのプレッシャーの中でも正確にプレーできるようにしたいです」

 各年代の代表で活躍し、2014年のアジア競技大会ではA代表にも初招集された。代表キャップ数は10に上り、3ゴールを決めている。

 増矢自身、「合宿で、高倉監督が『世界をリードする攻撃的なサッカーをしよう』とよく話すんです。日本は守備から入るイメージがありますが、いつか自分がその攻撃的なサッカーをする日本の中心にいられるようにしたい」と未来を見据える。

 守備時の不在を補ってあまりある攻撃の独創性は、"強烈な個性こそ強み"と考える指揮官の求めるものかもしれない。その一途なまでの攻撃にかける思いが、なでしこジャパンの強力な武器になる日が来るかもしれない。

 一方、千葉は果敢にゴール前に飛び出し、様々な角度から味方のラストパスを引き出した。一回り大きいDFとも互角に渡り合い、クロスボールには頭から飛び込んだ。潰れ役となって味方のゴールをアシストもした。

 昨年はリーグ(2部)で13ゴールを挙げ、そのうちの半数以上をヘディングで決めている。だが、これまで年代別代表には一度も選ばれたことがない。高倉監督によって発掘された選手と言えるだろう。

「運動能力が高くてテクニックもある。そして、すごく素直。経験を積んでいけば良い選手になっていくんじゃないかと思います」とは高倉監督。

 豊富な運動量でピッチを駆け回り、守備でも味方のサポートを惜しまない。大阪出身の朗らかな関西ノリと屈託のない笑顔は、初参加とは思えないほど、チームの雰囲気にすんなり馴染んでいた。

 初めての国際舞台で、本人はどのような手応えを得たのだろうか。

「いろんな人から『外国人は日本人の強い人の倍以上強いんだぞ!』と聞いていました。でも、予想をはるかに上回って、"事故"が起きるんとちゃうかな?というぐらい強かったです。でもこのままで終わりたくない、うまくやり返せないかな?と」

 初戦後にそう話した千葉は、2戦目のスウェーデン戦で初ゴールを決めた。そして、ドイツ戦では先発メンバーに選ばれて90分間フル出場し、攻守に強さを発揮した。「経験」から貪欲に学び、千葉は試合ごとにピッチでの存在感を増した。

 指揮官の目は、彼女達が世界で活躍する姿を見据えている。

「攻撃面はすごくこだわっています。いろいろなアイデアを組み合わせて、結果的にシュートまでいくこと。お互いのアイデアを合わせる、脚を振ることは強く要求しているので、トライしてくれていました。でも、最後のシュートの技術やパワーはやっぱりまだまだ。実際、こういう国際大会のプレッシャーの中でしか得られないものだと思うので、非常に良い遠征でした」

 この大会で選手たちが得た経験は、それぞれの場所でどのように生かされるのだろうか。なでしこリーグは、3月26日に開幕を迎える。

松原渓●取材・文 text by Matsubara Kei