“自転車シェアリング”という言葉を聞いたことがありますか?レンタルサイクルとは違うのは、自転車を「共有すること」と「乗り捨てができる」ということ。

1

現在東京都内では千代田区・中央区・港区・江東区の4つの区で実施されており、2月1日から借りた区ではない場所に返却することが可能となりました。区を跨いで自転車の借り出しや乗り降りができるとなると、交通手段の幅がさらに広くなるというのもあり、注目を浴びています。

■観光にも便利

観光をするというとあちこち回りますよね。その際に交通手段が徒歩ではなく自転車になるだけでも、移動時間の短縮になると思います。よりいろいろな名所を回ることができますし、その分楽しみも増えそうですよね。また返す場所が借りた場所だけに留まらないというのも、観光には最適かと思います。1度行った場所に戻らなくていいというのは、意外と助かるものです。

■海外でも大活躍の自転車シェアリング

観光の点を象徴するのがロンドン五輪開催時期です。ロンドン五輪開催時には、自転車シェアリングが多くの観光客にも使われており、1日に4万回以上利用された日もあるほど。それにより、道路渋滞の減少にも繋がり、現在でも市民の足として活用されているそうです。また、自転車シェアリングを世界で最初に開始したフランスでは子ども用の自転車も用意されており、多くの市民に利用されています。

■東京五輪開催に向け本格的に始動

日本も2020年に東京五輪が開催するというのもあり、それに向けて本格的に自転車シェアリングに力を入れているところ。東京五輪開催時は多くの観光客が東京に集中する可能性があるため、自転車シェアリングを利用することにより、渋滞時の混雑解消や観光もスムーズにできるというメリットがあります。

今後は既に実施されている4区だけに限らず、東京都内で順次拡大していく傾向です。ちょっとした買い物の際などにも気軽に使うことができますし、東京都内での過ごしかたがより快適になりそうですね。

(鈴木 唯)

都内で自転車乗り放題!? 今注目の「自転車シェアリング」について(http://clicccar.com/2016/03/15/359421/)