写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバーエージェントは3月14日、動画広告クリエーティブの大量生成プラットフォームである「TAIRYO(タイリョウ)」の提供開始を発表した。同社は、2016年3月末までに300社への導入を目指し、月間3,000本の動画広告クリエーティブの提供を見込んでいる。

新サービスは、主にFacebook・Twitter・YouTube(Trueview)で配信する動画広告クリエーティブの大量生成プラットフォームで、適切な質・量・スピードにより動画広告を生成するものとしている。

同社の関連子会社であるシーエー・アドバンスとモノクラムとの連携により、動画クリエイター総勢100名以上の制作体制を用意し、手間のかかる動画素材収集や編集作業の効率を従来比で10倍改善するというスキームを構築することによって、大量生成を実現したとのこと。

また同社は、2016年内には、DMPのオーディエンスデータとAI(人工知能)を連動することで、クリエーティブの自動生成・自動配信を実現するサービスの提供を予定している。

(山本善之介)