IDC Japanによると、2015年の国内タブレット端末の出荷台数は前年比1.5%増の831万台だった。

写真拡大

 IDC Japanが15日発表した2015年の国内タブレット端末の出荷台数は、前年比1.5%増の831万台だった。前年比8.0%増だった2014年に比べて成長率が鈍化した。同社は、スマートフォンとの競合で需要が減速し、タブレット市場全体が停滞したと分析している。

 内訳では、家庭市場向けは前年比2.1%増の589万台、ビジネス市場向けは同0.2%増の241万台だった。

 2015年10〜12月期の出荷台数は、前年同期比14.3%減の222万台だった。内訳では、家庭市場向けは同0.5%減の173万台、ビジネス市場向けは前年にあった教育市場向け大型案件がなくなった反動で42.3%減と大幅に減少し、49万台だった。

 ハードウェアキーボードが脱着できる「デタッチャブルタブレット」と、通常の「タブレットスレート」の内訳では、2015年の出荷台数はデタッチャブルタブレットが121万台、タブレットスレート709万台で、タブレットスレートが約85%を占めている。

 一方、前年からの成長率では、タブレットスレートが前年比5.5%減と減少したのに対して、デタッチャブルタブレットは80.0%増と大きく伸長している。IDCは、高性能タブレットとキーボードを組み合わせることで、PCの置き換えやアドオンデバイスとして導入されている背景があると分析している。

 メーカー別の出荷台数の上位5社は、アップル、ファーウェイ、エイスース、NEC Lenovoグループ、富士通だった。アップルは出荷台数が前年比4.5%減と減少したが、40.9%の高いシェアを維持している。