14日、韓国では資産額が10億ドルを超える富豪の74.1%が遺産を受け継いだ「継承型」であることが明らかになった。資料写真。

写真拡大

2016年3月14日、韓国・聯合ニュースによると、米シンクタンク・ピーターソン国際経済研究所(PIIE)が発表した報告書から、2014年を基準にすると、韓国では資産額が10億ドル(約1130億円)を超える富豪の74.1%が遺産を受け継いだ「継承型」であることが明らかになった。環球時報(電子版)が伝えた。

これは同研究所が1996〜2015年のフォーブス「世界億万長者番付」を分析した結果から得たもので、世界全体では「継承型」富豪は30.4%だった。韓国は他の国と比べると「創業型」富豪の割合が低く、大半が「継承型」。財閥中心の経済構造にあることや、未熟な資本市場、より安定した就労環境が好まれることなどが背景にある。

韓国と比べると、中国では「継承型」の富豪はわずか2%とごく少数。日本も18.5%と低い割合で、欧州25カ国は35.8%。「継承型」が韓国よりも多いのはクウェート、フィンランド、デンマーク、アラブ首長国連邦(UAE)の4カ国のみだった。

世界的には「創業型」が増加傾向にあり、「継承型」の割合は減少している。1996年には「創業型」の割合は44.7%だったが、2014年には69.6%にまで増えている。(翻訳・編集/岡田)