仕事で優先しているのは「お給料」と「やりがい」のどっち? 6割の女性が「●●」と回答!

写真拡大

生活していくためにはお金は必要ですが、そのお金を稼ぐための仕事に「やりがい」があるかどうかも大事ですよね。では社会人女性のみなさんは「お給料」と「やりがい」のどちらを優先して仕事しているのでしょうか? さっそく聞いてみました!

Q.現在、どちらかといえば、次のどちらを優先して働いていますか?

お給料……61.0%

やりがい……39.0%

「お給料」と回答した人が約6割以上という結果になりました。「やりがい」を優先している人
は少ないようです。それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

<「お給料」と回答した人の意見>

■仕事はお金を稼ぐ手段

・「仕事はお金を稼ぐ手段だと思ってるので」(28歳/金融・証券/営業職)

・「お金がほしいから。生きるためにお金がいるから。やりがいはなくてもお金は必要」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自立した生活をして、自分の好きなことをするために、給料の高い会社で働いていると感じているから」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

多かったのは「仕事はお金を稼ぐ手段」や「生きるためにお金がいるから」という意見でした。自分の好きなことをするためにはそれなりのお金が必要なので、「仕事=お金」と割り切っている人が多いようです。

■やりがいがあっても金額が低いのはちょっと……

・「生活のためなら多少やりがいがなくても、金額のいいほうを選ぶ」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「やはり最低限お給料がよければ、ある程度のことは我慢できるし、がんばれると思うから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「いくら『やりがい』があっても、それに見合ったお給料が得られないんじゃ、モチベーションを保てないから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

「生活のためなら多少やりがいがなくても、金額のいいほうを選ぶ」や「お給料がよければ頑張れる」という意見もありました。「やりがいだけではモチベーションを保てない」という言葉は、厳しいけれど現実なのかもしれませんね。

<「やりがい」と回答した人の意見>

■やりがいがないと辛い!

・「やりたいことじゃないと、なんのためにお金を稼いでるのか、わからなくなるから」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「1日の大半を過ごす場所なので、やりがいがないと辛いから」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「せっかく時間をかけて働いているのだから、やりがいを感じたい」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

「やりがいを優先している」と回答した人からは「なんのためにお金を稼いでるのかわからなくなる」や「1日の大半を過ごすのにやりがいがないのは辛い」という意見がありました。仕事での拘束時間は長いので、やりがいがないと続けるのも難しいですよね。

■お給料がよくても居心地が悪かったら……

・「楽しく仕事ができているから、それが一番」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「お給料は少ないけど居心地優先だし、無理なことは任されないから」(33歳/小売店/営業職)

・「どれだけ給料がよくても、居心地が悪ければ心が死ぬから」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

ほかには「楽しく仕事が出来るのが一番」や「居心地優先」という意見もありました。いくらお給料がよくても、過酷な仕事環境だったら体を壊してしまいますよね。「居心地が悪ければ心が死ぬ」という意見には、思わずうなずいてしまう人も多いのでは? ある意味極端ですが、核心を突いてますよね。

■まとめ

「お給料」と「やりがい」では「お給料」を優先して働いているという人が多かった今回のアンケート。やりがいよりも、お給料の高さを重視する人が多いようです。生活していくためにはお金は必要ですが、ベストは「やりがいがあってお給料も高い」のが一番の理想ですよね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数161件(22歳〜34歳の働く女性)