ドラマ仕立てのクイズは全10問(画像は日本循環器学会プレスリリースより)

写真拡大

心停止した人への救命措置を、サスペンスドラマ風の演出によるクイズで学べるゲームコンテンツ「心止村湯けむり事件簿」が、「減らせ突然死プロジェクト実行委員会」のサイトで2016年2月1日から公開されている。

日本循環器学会の監修のもと、正しい心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)の使い方を楽しみながら知ってもらうため、サスペンスドラマ風に制作したという。

ゲームは、主人公たちが訪れた温泉旅館で突然男性が倒れるという設定。周囲にいた人たちが対応に悩む中、意識を確認する方法や、AEDの使い方、心臓マッサージ法などに関する10問のクイズに回答する。1分経過すると救命率が約10%低下するという、救命の緊迫感を体感してもらうため、倒れてから10問すべて回答するまでは時間がカウントされている。

減らせ突然死プロジェクト実行委員会によると、AEDの販売台数や設置数はここ数年で急速に増加しているものの、実際に目撃された心停止に対してAEDが使用されたのは、2014年度で僅か4.0%。また、使用者の大半は医療関係者だったという。

同実行委員会では、救えるはずの命を救うため、AEDを迅速かつ的確に使える市民を増やしていきたいとしている。

(Aging Style)