中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人が日本人に対して「かっこいい」と感じる様々な点を紹介する記事を掲載した。どの点にも共通しているのは、良い意味で「潔癖症」、つまり中国人の「常識を超えたレベル」で実践されていることだと論じている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人が日本人に対して「かっこいい」と感じる様々な点を紹介する記事を掲載した。どの点にも共通しているのは、良い意味で「潔癖症」、つまり中国人の「常識を超えたレベル」で実践されていることだと論じている。

 記事は中国人が日本人をかっこいいと感じる様々な事例を列挙しているが、そのうちの1つはエレベーター乗り降りの際のマナーだ。操作盤の前にいる人は他の人のために階数ボタンを押すことやすべての人が降りるまで開ボタンを押し続け自分は最後に降りる、また乗るときも操作盤の前にいる人はすべての人が乗るまで開ボタンを押し続けるというマナーを紹介している。

 この行為をかっこいいと記事が評価するのは理由がある。多くの中国人は他人に親切にすることの価値を認めているが、中国でこうしたエレベーターのマナーを見かけることは少ない。しかし日本人は見ず知らずの人に対してもこうした親切を示すことができ、しかもほとんどの日本人が実践できるからだ。そしてエレベーターマナーにおいて日本人は他人への親切を中国人の「常識を超えたレベル」で実践しているといえる。
 
 さらに記事は日本人のお辞儀を紹介。日本のどんな場所でも見かけることができ、「日本人の骨髄にまで浸透している習慣」だと説明。記事が特に強調しているのは、日本人は電話をしているときもお辞儀をする習慣があることだ。相手から見られていない場合でさえお辞儀をする礼儀正しさに中国人は深い印象を持つようだ。

 また「人に風邪をうつさないために」マスクをする日本人のマナーや、日本にはタバコを吸わない人への配慮のために路上喫煙が禁止されている区域があり、喫煙者のための専用スペースが設けられていることにも言及。中国では歩きタバコはもとより肉・野菜市場での喫煙も日常の風景であり、分煙の概念がまだ普及していない。日本人はこれらの面で他人の福祉に対する気配りを個人また行政レベルで実践していると伝えた。

 記事は他にもゴミの徹底した分別や時刻表に従って運行する路線バスなども紹介している。中国のある地方都市の場合、家庭ゴミの分別はリサイクルができるか、できないかという2種類のみだ。また中国の路線バスには日本のような時刻表そのものがそもそも存在しない。来たバスに乗るという方式だ。これらの点も日本人は中国人の常識を超えたレベルで実践しており、またかっこよくもあると記事は評価。記事が紹介した点は中国人を日本人嫌いから日本人ファンに変える大きな魅力の一部であると論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)