画像

写真拡大

 電通イージス・ネットワークは、メキシコの総合デジタルエージェンシー「Flock Advertising」の株式100%を取得することで、同社株主と合意した。

 電通イージス・ネットワークは、メキシコの総合デジタルエージェンシー「Flock Advertising(以下、フロック社)」の株式100%を取得することで、同社株主と合意した。

 2009年に設立されたフロック社は、広告戦略の策定から広告制作、媒体枠の買い付け、ソーシャルメディア、パフォーマンス、データ分析をはじめとするデジタル領域全般のサービスを提供している。買収後フロック社は、Isobar(アイソバー)のネットワークに組み込まれ、ブランド呼称を「Flock, Linked by Isobar(フロック・リンクト・バイ・アイソバー)」となる予定。

 なお同社はスペインの調査会社Grupo Consultoresによる「2015 AgencyScope調査」では、メキシコで知名度2位のデジタルエージェンシーに位置づけられており、メキシコ企業はじめ多国籍企業からも評価されている。

 Carat(カラ)が2015年9月に発表した「世界の広告費成長率予測」によると、2014年のメキシコのデジタル広告費は前年比で22.2%増。デジタル広告費は、2015年は21.3%増、2016年にも20.5%増と高い成長が続くと予測されている。電通グループは同社の買収により、メキシコでの成長戦略を加速させる。

MarkeZine編集部[著]