写真提供:マイナビニュース

写真拡大

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月14日、パロアルトネットワークスが提供する、企業への標的型攻撃からクライアントPCやサーバなどを保護するエンドポイントセキュリティ製品「Traps(トラップス)」の提供を開始すると発表した。製品の販売、システム構築、保守サポートを含めて提供し、初年度の販売目標は10万ライセンスを目指す。

Trapsは、標的型攻撃やゼロデイ攻撃に対応したセキュリティソフトウェア。普及している既知の脅威情報に基づいた対策ではなく、標的型攻撃やゼロデイ攻撃が共通して使用するメモリ領域の破壊行為やライブラリファイルの置換などの動作を検知して不正を防止する。

従来のウイルス対策ソフトウェアで必要となるシグネチャの更新が必要なく、システムへの負荷がほとんどないとしている。また、パロアルトネットワークスが提供するマルウェア分析クラウドサービス「WildFire」と連携することで、ファイルを詳細に分析し、既知の脅威情報も活用して標的型攻撃やゼロデイ攻撃へのさらなる強固な対策を図れるという。

(山本明日美)