インターネット環境がない40億人のためのPC「Endless」

写真拡大

世界人口のうち、インターネットへの接続手段をもっていない人は半分以上。ネット環境がないためにパソコンをもつことを諦めている人も多くいる。そんな人たちのためにEndless社がつくったのは、オフラインでも十分に活用できる低コストPCだ。

「インターネット環境がない40億人のためのPC「Endless」」の写真・リンク付きの記事はこちら
endless_computer_product_14

2/8「Endless」は32GBモデルが189米ドル。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ENDLESS

endless_computer_product_16

3/8どんなモニター(TVでもいい!)に接続しても「パソコン」として機能する。直感的なインターフェイスが特徴だ。PHOTOGRAPH COURTESY OF ENDLESS

endless_computer_product_box_02

4/8500GBモデルの「Endless」は229米ドルで提供される。PHOTOGRAPH COURTESY OF ENDLESS

endless_team_design_office_01

5/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ENDLESS

endless_team_design_office_02

6/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ENDLESS

endless_team_design_office_03

7/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ENDLESS

endless_team_design_office_04

8/8PHOTOGRAPH COURTESY OF ENDLESS

インターネットへのアクセスは、もはや“あたりまえ”のものだと思われている。蛇口をひねれば水が出るように。あるいは、スイッチを入れれば照明が灯るように。

しかし、それはすべての人にとっての“あたりまえ”ではない。いまだ世界の半分以上がインターネットから排除されており、インターネットが(水、電気と同様に)幻であるような場所で生きている。

Endless」の開発チームは、それをよくわかっている。Endlessは、インターネットが利用できない人にも便利な、低コストのミニPCを提供している。小さな球体の箱に、プロセッサーと多様なコンテンツが収められている。コンテンツは内部メモリにあらかじめダウンロードされているため、オフライン時でも利用できるのだ。

潜在顧客は、40億人

「わたしたちと、ウェブが提供する可能性に触れられないままの40億人との間には、情報格差が存在します」と、EndlessのCEO、マット・ダリオは言う。それは極めて大きな市場だ。同時に、その数は(彼らが裕福でなくとも)重要性を帯びるのに十分だ。

ダリオは言う。「インターネット上でなされる検索の大部分は、Wikipediaのページにたどり着きます」。ならば、インターネットがないのを補おうとするなら、その“中身”をすべて端末のドライヴにダウンロードしておけばいいのだ。なんなら、カーン・アカデミーの授業内容や、Microsoft Office類似のオフィススイートと一緒に。

容量は数GBで十分だ。かけるコストも少しでいい。「Endless Mini」は24GB版が79ドル(32GB版が99ドル)。どんなモニターでも、つなげばすぐにPCとして使えるようになる。LinuxをベースにしたOSは直感的で、100以上のアプリがプリインストールされている。

ネットがなくても、使う価値が見出せるパソコンを

「ただのモニターをコンピューターや低コストPCに変えるプロセッサー」という発想そのものは、目新しいものではない。ASUSの「Chromebit」からHP「Stream 11」、インテルのスティックPCに至るまで、ソリューションはたくさんある。それらの性能はEndlessより上だし、決して高価ではない。しかし、Endlessとその他とでは重要な違いがある。これらはインターネットがなければ、できることはわずかしかないのだ。

「もしインターネットが使えなければ、コンピューターのもつポテンシャルは発揮できません。たとえコンピューターを購入する余裕があったとしても、購入の対象とはならないのです」。これは、グアテマラや、中国、インド、ケニア、インドネシア、マレーシア、ブラジルの多くの地域に当てはまる仮定だ。

「わたしたちは新たに資金を調達しました。2016年はさらに活動を拡大することができるでしょう」。ダリオは続ける。「投資家たちがわたしたちのヴィジョンを信じてくれてよかったです」

そのヴィジョンとは、テクノロジーの産物が人々の役に立ち、無限(エンドレス)の可能性を提供するというヴィジョンなのだ。

Endlessにはムハマド・ユヌス(グラミン銀行創設者)やデヴィッド・ケリー(IDEO創設者)、ニコラス・ネグロポンテ(MITメディアラボ創設者)らがアドヴァイザーとして名を連ねている。

※ 文中のインターネット人口については、国際電気通信連合(ITU)の2014年調査に基づいた数字に訂正している。

TAG

DesignGadgetGalleryInternet AccessWIRED IT