14日、大韓航空を傘下に持つ韓国・韓進グループの趙亮鎬会長が、同社副機長のSNSに「パイロットの仕事がそんなに大変か」と疑問を呈する書き込みを残し、パイロット労組が激しく反発している。写真は大韓航空機。

写真拡大

2016年3月14日、大韓航空を傘下に持つ韓国・韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が、同社副機長のSNSに「パイロットの仕事がそんなに大変か」と疑問を呈する書き込みを残し、パイロット労組が激しく反発している。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

【その他の写真】

騒ぎは13日、同社の金副機長が自身のフェイスブックでパイロットの搭乗前の手続きの煩雑さを訴えたことから始まった。副機長の書き込みに対し、趙会長が自ら反論コメントを寄せたのだ。趙会長はコメントで、「専門用語をやたらと羅列しているが、99%は目新しいことではない」とし、運航管理会社がスタッフのブリーフィングを行い、気象はオペレーションセンターが管理してくれる今、「GO、NO GO(運航可否)を決めるだけのパイロットが大変だって?」などとつづった。また、「パイロットは本当の非常時に必要なだけ。(金氏の書き込みは)大げさ過ぎる。まるで大西洋無着陸横断を最初に成し遂げたリンドバーグのようなことを言っている」とも付け加えた。

これに対し、昨年から続く賃金引き上げ交渉で社側と激しく対立しているパイロット労組はすぐさま反発、「(会長は)虚偽の内容で多数のパイロットの名誉を傷つけた」とし、告訴・告発も辞さないとの構えをみせている。

趙会長は14年に大韓航空機のいわゆる「ナッツ・リターン事件」を引き起こした同社元副社長・趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏の父親。事件での娘の態度をほうふつさせるような今回の「上から目線」の書き込みに、韓国のネットユーザーからは怒りのコメントが多数寄せられている。

「理解できない家庭だ」
「この父にしてあの娘あり」
「じゃあ会長はどこが大変なんだ?下の人間が何でも処理してくれるくせに」
「僕は乗客だけど、飛行機に乗るのだって大変だよ!」

「それなら自分で操縦桿(かん)を握ってみろ」
「ナッツ航空らしいな」
「大韓航空は近いうちにパイロット不足に悩まされることになる」
「上位0.001%の財閥のために、国民はあとどれだけ犠牲にならなければいけないんだろう」

「これこそ机上経営と言うんだよ。マニュアルしか見ずに、現場の社員がどういう仕事をしてるか知りもしないで経営をしてるみたいだね。だからナッツでリターンすることになるのさ」
「父親から会社を引き継いだから、何も分かってないんだろう。世の道理を理解せず、理解しようともせず、理解する必要もなかっただろうからね」(翻訳・編集/吉金)